仕事内容の紹介ネタ

担当している社員に仕事内容を紹介してもらいましょう

会社の変化や起こったことなどを掲載する社内報を作成し、社員に配布することで情報を共有できるようになります。魅力的な社内報に仕上げるためには、人に焦点を当てたネタを取り入れるのがポイントです。新入社員や中途社員、成果を残した社員などの情報を掲載すれば、取り上げた人が注目されるようになったり、モチベーションをアップさせたりといった効果があります。最後まで目を通してもらうには、バラエティに富んだ内容を意識して作成すると良いです。たとえば、社員に仕事内容を紹介してもらうのは、社内報が充実するネタの1つです。専門的というよりは誰が読んでも理解できるように、わかりやすい言葉を使って紹介してもらうようにしましょう。

やりがいや醍醐味も社内報に掲載する

担当している仕事内容を紹介してもらい、社内報に掲載する時はやりがいや醍醐味も掲載するとより内容が充実します。そうすれば、社内報を読んだ社員が興味を持ち、積極的に部署異動を願い出るようになる可能性があります。各部署で最適な社員の人数は決まっているため、部署異動を願い出たとしても実現するとは限りません。しかし、ポテンシャルの高い人材が増えるチャンスなので、社内報で仕事のやりがいや醍醐味を掲載することは意味があります。仕事の量が多かったり、難易度が高かったりする部署ほど積極的に社内報で情報を発信すべきです。たとえば、営業は商品を売り込む仕事なので難易度は高いですが、やりがいや醍醐味を発信して質の高い人材が増えれば、会社の成長に大きく貢献してもらえるでしょう。