社員のプライベート深堀ネタ

人柄が出るようにしましょう

3か月や半年に1回、年に複数回というペースで社内報を作成すれば、会社の情報を多くの社員が理解できるようになります。特に、社員数や支店数が多い企業については、社内報を作成することで普段の仕事で関わりが少ない社員や支店の情報を入手可能です。ただ、社内で起こったことや業績の内容ばかりになってしまうと、じっくりと読みたい気持ちがなくなる場合があります。たとえば、気軽に読めるネタを取り入れることによって、最後まで目を通してもらいやすくなります。気軽に読めるネタとしておすすめなのは、社員のプライベートです。趣味や習慣、注目していることなど、人柄が出るネタは興味を持ってもらえるので、社内報で取り扱う価値があります。

1つに絞って深堀するのがコツ

社員の趣味や習慣などを社内用で取り扱う時は、複数よりも1つに絞って深堀するのがコツです。社内報には様々な内容の記事を掲載することから、多くの社員のプライベートを紹介するのは、スペースが限られているので難しいです。そのため、複数のプライベートネタを無理に入れてしまうと、中身が薄くなります。また、1人の社員のネタばかりになるよりは、複数人のプライベートをネタにした方が読み手は多くの情報をインプットできますし、実際に会った場面で話題に取り上げやすくなります。ただ、恋愛や金銭事情、身体的特徴など、プライバシーに関わる内容は避けましょう。無難なプライベートネタを深堀する程度にすれば、掲載される社員と読み手の両方が満足できます。