社員の自己紹介ネタ

社内のコミュニケーション不足を解消する!

社内のコミュニケーションを活性化させるために有効な手段となる社内報。様々なコンテンツの企画について、頭を悩ませる担当者も多いのではないでしょうか。定番となっている社員の自己紹介などは、社員の声を共有できる大事なコンテンツといえます。社員の紹介は、単にプロフィールを紹介するだけでなく、インタビュー形式で紹介するのもおすすめです。趣味や会社でやってみたいことなど事前にヒアリングシートを作成して、質問の答えを考えてもらうとインタビューもスムーズです。新入社員には配属された部署や今後の目標など、管理職には部署の業務を向上させるコツなどを答えてもらえれば、社員同士のコミュニケーションも活性化していくでしょう。社長には、経営理念や目標などをわかりやすく話してもらうと、社員に浸透させることも可能です。

コンテンツを充実させよう!

部署ごとの紹介も社員のモチベーションを上げるためには効果的です。業績を上げた部署であれば成功事例や、貢献した社員を紹介すると良いでしょう。また、社長がおすすめの書籍やスキルアップの情報、社内外で開催されたセミナーや研修会の報告などの情報をコンテンツに加えれば、社内で情報を共有できます。社員のリレー形式の紹介や、トップのコラムなども人気のコンテンツです。社員や部署の紹介は、見開きのページで写真を入れるなどのレイアウトも工夫すると読まれる社内報になるでしょう。社内報は、紙で発行されるものだけでなくアプリなどで読めるものも増えています。様々な媒体で発行される社内報の活用方法の幅は広がっています。読まれる社内報を作成して社内のコミュニケーションを活性化させましょう。